【家庭菜園】甘くておいしい南国のフルーツ、マンゴーの種からの栽培記録

オーガニックマンゴーのアイキャッチ画像 ガーデニング・植栽・家庭菜園

マンゴーは、世界三大果物(チェリモヤ、マンゴー、マンゴスチン)と呼ばれる果物の一つで、濃厚な甘みがあり、栄養も豊富な世界中で食されているトロピカルフルーツです。栄養素はビタミンCカリウムが豊富で、高血圧症などに有効です。また実が熟すほどβカロテンが増えるそうで、こちらは成人病にも有効です。また、実際に食べる場合、人によっては果皮に触れるとかゆみが出たり、かぶれたりする場合があるので注意が必要です。これはマンゴーがウルシ(漆)科であり、ウルシオールという成分が含まれているためです。
今回は、コストコで購入したマンゴーの種から成長させて行こうと思います。目標は結実です。(栽培地が横浜のため、外置きは難易度高め)

栽培経過

6月中旬にコストコで購入したオーガニックマンゴーの種を採取し、発芽に挑戦してみました。
子ども用に買ったキューピーのベビーフードの瓶に5日ほど水を張り浸けておいたところ、小さな芽(根?)が生えてきました。※水は毎日替える必要があります

芽が生え始めたマンゴーの種(2020/7/14)

芽が生え始めたマンゴーの種(2020/7/14)

さらに10日ほど経つと、明らかに芽と思われるものが伸びてきました。1つ目の種の発芽はどうやら成功のようです。

芽を出すマンゴーのようす(2020/7/27)

芽を出すマンゴーのようす(2020/7/27)

また更新あり次第アップしていきますのでしばらくお待ちくださいm(__)m

目次に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました