ThinkPadでUSB Bootを行う方法、およびUSB Bootができないときの対処方法

Lenovo ThinkPad LまたはXシリーズでUSB Bootができない場合に、USB Bootさせる方法について記載します。
USB Bootは、OSの再インストールやクリーンインストールなどを行いたい時の作業方法としておすすめです。
確認点としては以下の通りです。
※BIOS画面上ではマウスが使用できないため、移動は方向キーまたはTabキーになります。

Boot order(デバイスの起動順序)でUSBを優先しているかどうか

  • 1.USBを挿し、電源を入れBIOSの設定画面を開き、「Startup」タブをにカーソルを合わせEnterを押します。※BIOS画面の開き方
  • 2.「Boot」にカーソルを合わせEnterを押します。
  • ThinkPad BIOS設定画面 Bootを選択
    Bootを選択します
  • 3.デバイスの一覧が表示されますので、USBデバイスを選択します。
  • ThinkPad BIOS設定画面 ハイフンキーでブート順序を変更
  • 4.「-」(ハイフン)キーで順番を移動します。
  • 5.起動させたいUSBデバイスを一番上に移動後、F10で保存し、「Yes」でBIOSを終了します。
  • ThinkPad BIOS設定 Bootデバイス順を変更後、F10を押します
    Bootデバイス順を変更後、F10を押します
  • 6.再起動がかかり、USBから起動されます。

USBデバイスを手動で指定しUBSブートさせる場合

Boot order(デバイスの起動順序)を変更してもUSBブートできない場合、または手動指定ができない場合

  • 1.BIOSの設定画面を開きBIOS画面の開き方、「Secutiry」タブに移動し「Secure Boot」を開きます。
  • Secure Bootを選択します Thinkpad BIOS設定画面
    Secure Bootを選択します
  • 2.ステータスを「Disable」に変更します。
  • 3.「Startup」タブに移動し、「「UEFI/Legacy Boot」を選択します。
  • 4.「Legacy Only」を選択します。※設定後うまく動作しない場合は、「Both」を選択し、その後の「UEFI/Legacy Boot Priority」を「Legacy First」に設定してください。
  • Thinkpad BIOS設定画面 Legacy First選択
    Legacy Firstを選択します
  • 5.F10で保存し、「Yes」で閉じてください。
  • 6.USBから起動されます。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です