Active Directory上でのユーザーデータの一括抽出する方法

最近、Active Directory上の組織設定の更新状態を確認するため(ADの棚卸)、ユーザーデータの一括抽出を行いましたので、コマンドプロンプトを使って一括で抽出する方法について記載します。

コマンドはcsvdeコマンドを利用しました。

CN、ユーザー名、説明、部署を抽出する場合
c:\>csvde -u -f export.csv -d "OU=DC配下のコンテナの場所,DC=組織ドメイン名,DC=トップレベルドメイン名" -r objectCategory=user -l 各種属性名
使用例
c:\>csvde -u -f export.csv -d "OU=Users,OU=Japan,OU=APAC,DC=lifekeynotes,DC=com" -r objectCategory=user -l cn,distinguishedName,description,department

コマンド実行後、カレントフォルダにexport.csvが生成されます。
カンマ区切りのため、Excelのデータの区切り位置などの機能で整理してください。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です