OTRSでメール送信する時にアドレス入力でオートコンプリートさせる方法

OTRSではメール送信を行う時のアドレス入力時は、通常アドレスをすべて手入力する必要があります。
この仕様について、業務で導入しようとしている部署のユーザーから「一々アドレス全部手入力するのが面倒」という意見があったため、この問題を解決するべく調査することになりました。

単純な返信の場合は、テンプレート設定で解決

管理>テンプレート からメールテンプレートを設定し、既存のキューに紐付け(連結)することで、そのキューが割り当てられたチケットでメールを返信する時に、紐づけしたメールテンプレートを選択することができます。選択すると、返信の宛先が自動的に設定されます。※この設定をしていない場合、チケットの「返信」、「全員に返信」プルダウン部分がグレーアウトして使用することができません。

特定の宛先へ返信する場合

特定の宛先へ返信する場合は、あらかじめ顧客データとして登録しておくことで、メール送信時にその宛先を呼び出すことができます。

1.顧客IDを作成
  1. OTRSにログインし”管理”>”顧客”>”顧客を追加”の順に開きます
  2. 必須項目を入力し”保存”を押します
2.顧客ユーザーを登録する
  1. “管理”>”顧客ユーザー”>”顧客ユーザーを追加”の順に進みます。
  2. 必須項目に入力し、”保存”または”保存して終了”を押します。
    ※姓、名、ユーザー名、メール、顧客ID以外は初期値のままでOKです。

上記設定後、アイテムからメールを送信するときに、登録した宛先名やIDを入力すると、入力途中でも検索候補として出てくるようになります。
※メール送信するためには別途メールテンプレート設定が必要です。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です