OracleでのIPやホスト名の変更手順について

Oracleがインストールされている環境で動いているサーバーで、ドメインに参加する必要が生じたため、ホスト名の変更と併せて作業することになりましたので、設定方法についてメモします。

大きく分けて以下の手順があります。

  • 1.spfileの取得と確認
  • 2.Oracleリポジトリを削除
  • 3.IPアドレスおよびコンピュータ名の変更
  • 4.oraファイルの変更
  • 5.spfileの変更
  • 6.Oracleリポジトリを作成

1.spfileの取得と確認

sqlplusにsysdba権限でログインし、以下コマンドを実行してspfileの格納パスを取得します。


$sqlplus DBユーザー名/パスワード as sysdba
$select value from v$system_parameter where name = 'spfile';

取得した格納パスにinitORCL.oraファイルが存在しない事を確認します。
存在する場合は、リネームします。

sqlplusにて,以下コマンドを実行してspfileの内容を出力します。
create pfile=’取得したパス\initORCL.ora’ from spfile;

出力されたinitORCL.oraをnotepadなどで開き(Linux環境の場合はviなどで開き)、hostの項目を確認します。
IPアドレスまたはホスト名が記述されていなければ、initORCL.oraを削除します。

2.Oracleリポジトリの削除

コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドでOracleリポジトリを削除します。


emca -deconfig dbcontrol db -repos drop

「Enterprise Managerの構成が正常に完了しました」と表示されれば、正常にリポジトリの削除は完了しています。

3.IPアドレス・コンピュータ名(ホスト名)変更

サーバーのIPアドレスまたはホスト名の変更を行います。

4.oraファイルの変更

下記のファイルに対して、それぞれ必要な変更を行います。
各ファイルの”host”の項目に変更するIPアドレスまたはコンピュータ名を記述します。
%ORA_HOME%\NETWORK\ADMIN\listener.ora
%ORA_HOME%\NETWORK\ADMIN\tnsnames.ora
%ORA_HOME%\NETWORK\ADMIN\sqlnet.ora

同様にオラクルのディレクトリ(C:\oracle等)以下を検索して、下記のファイルに対して変更を行います。
※存在しない場合は変更は不要です。
cman.ora
names.ora
initORCL.ora
init.ora

5.spfile変更

“1.spfileの取得と確認”にて,initORCL.oraを削除していなければspfileの更新を行います。
sqlplusにsysdba権限でログインし、以下コマンドを実行しspfileの更新を行います。


create spfile='取得したパス\spfile.ora' from pfile='取得したパス\initORCL.ora';

取得したパス\spfile.oraのタイムスタンプから更新された事を確認します。
取得したパス\initORCL.oraファイルは削除します。

6.Oracleリポジトリを作成

コマンドプロンプトで、以下のコマンドでOracleリポジトリを作成します。


emca -config dbcontrol db -repos create
ポート番号が変更される事があるので注意してください。

更新の確認

コマンドプロンプトにて tnsping orcl
sqlplus にてログイン
Oracle Enterprise Managerにてログイン
上記が問題なけれ成功です。
参考リンク:https://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/ADMQS/GUID-DE8A79BD-FAE4-4364-98FF-D2BD992A06E7.htm







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です