OTRSでチケットをPDFにする際の文字化けの直し方(Linuxでのフォントインストール)

Linuxにフォントをダウンロードしインストールする

ネットからフォントをダウンロードします。
今回はTakaoフォントを使用することにしました。
https://launchpad.net/takao-fontsにアクセスし、Downloadsの中からダウンロードしてくるファイルを右クリックし、リンクアドレスをコピーします。

この例ではTakaoFonts_00303.01.zipを選択します
この例ではTakaoFonts_00303.01.zipを選択します

TeraTerm等で該当のLinux環境にアクセスし、wgetコマンドを使ってコピーしたアドレスを貼り付けてフォントファイルをダウンロードします。


$ wget https://launchpad.net/takao-fonts/trunk/15.03/+download/TakaoFonts_00303.01.zip

ダウンロードしたフォントファイルをunzipで解凍します。


$ unzip TakaoFonts_00303.01.zip

修正前のOTRS上のPDF印刷プレビュー
修正前のOTRS上のPDF印刷プレビュー

解凍したフォントをインストールします。インストール方法について

OTRSへのフォント適用

インストール後、/opt/otrs/var/fonts/にフォントファイルをフォルダごとコピーします。


$ cp -rf /usr/share/fonts/TakaoFonts_00303.01 /opt/otrs/var/fonts/

フォントファイル設置後

次にOTRS管理画面>システム設定からcore pdfと検索し、PDFのフォント設定を開きます。
設定を変更する項目は、PDF::TTFontFileになります。この中で文字化けが起こっている項目のフォントを変更します。
今回は以下のように変更しました。Italicは基本的に使われていないのと、ダウンロードしたフォントファイルに無かったので設定変更していません:
PDF::TTFontFile###Monospaced > TakaoMincho.ttf
PDF::TTFontFile###MonospacedBold > TakaoPMincho.ttf
PDF::TTFontFile###Proportional > TakaoPGothic.ttf
PDF::TTFontFile###ProportionalBold > TakaoGothic.ttf

/opt/otrs/var/fonts/直下に.ttfファイルがない場合は、.ttfファイルまでのパスが必要です。
この場合は/opt/otrs/var/fonts/TakaoFonts_00303.01/内に.ttfファイルが保存されているため、以下のように設定します。

設定したらデプロイし、PDFの文字化けが治っているのを確認します。

修正前
修正前

修正後
修正後

デプロイ時にエラーが出る場合は、設定の入力を確認し再度デプロイを行ってください。
ブラウザの戻るボタンでなくOTRS管理画面の戻るボタンを使うようにしてください。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です