WordPressで作成したホームページを丸ごとバックアップできるプラグイン【BackWPup】

WordPressでホームページを作成したバックアップ方法には様々な方法がありますが、筆者が実際に試してみたプラグインでのバックアップ取得について、手順を紹介したいと思います。
手順は以下の通りです。

  1. WordPressでプラグイン「BackWPup」を検索しインストールします。
    Backwpupインストール
  2. BackWPupを有効化します。
    wordpress-backwpupプラグイン有効化
  3. Yes, I agree を押します。
  4. WordPressの管理画面上にBackWPupプラグインが追加されていますので、新規ジョブ追加を開きます。
    wordpress-backwpupプラグイン上で新規ジョブ追加を押下
  5. 任意のジョブ名(初期値でもOK)を設定します。
    wordpress-backwpupプラグイン上新規ジョブ設定
  6. バックアップを取得する対象を選択します。
    今回はデータベースとファイルのバックアップを選択しました。wordpress-backwpupプラグイン上新規ジョブ設定-バックアップ対象選択
  7. バックアップファイルの保存方法を選択します。
    今回はDropboxを選択します。(Dropboxアカウントの作成が別途必要です。
    wordpress-backwpupプラグイン上新規ジョブ設定-バックアップファイルの保存方法を選択
  8. ログの送信先メールアドレスを設定し(通常は初期値に管理者のアドレスが入力されています)、変更を保存を押します。
    wordpress-backwpupプラグイン上新規ジョブ設定
  9. 宛先:Dropbox タブを開き、Dropboxのアプリへのアクセス及びDropboxへのフルアクセスの認証コードを取得します。

    wordpress-backwpupプラグイン上新規ジョブ設定-dropbox認証コード取得

    wordpress-backwpupプラグイン上新規ジョブ設定-dropbox認証画面1
    「許可」を押します。

    wordpress-backwpupプラグイン上新規ジョブ設定-dropbox認証画面2
    こちらも「許可」押します。
  10. Dropboxの認証が完了すると、以下の表示になります。
    wordpress-backwpupプラグイン上新規ジョブ設定-dropbox認証完了画面
  11. バックアップするテーブルを選択します。
    本例では全て選択しています。
    wordpress-backwpupプラグイン上新規ジョブ設定 database-table-select
  12. ファイル タブを選択し、各項目にチェックをします。
    各チェックボックスの配下のチェックボックスは除外項目のため、基本的にはチェックは不要です。
    テーマのバックアップについては、ダウンロードしているテーマが多い場合は、バックアップが必要なテーマ以外は除外対象としてチェックを入れておくことお勧めします。
    wordpress-backwpupプラグイン上新規ジョブ設定-backup-scope-theme
    バックアップを行わないテーマはチェックします。
  13. .htaccessの設定などを行っている場合は、特殊ファイルを含める のチェックも入れておくことをお勧めします。
    最後に、変更を保存 ボタンを押します。
    wordpress-backwpupプラグイン上新規ジョブ設定-backup-scope-setting
  14. 管理画面のBackWPup>ジョブ から作成したジョブを選択し、「今すぐ実行」を押します。
    wordpress-backwpupプラグイン上新規ジョブ設定-job-launch
    エラーになる場合は、以下ページもご参照ください。
    BackWPupがエラーになる場合に試してみる設定項目
    [BackWPup]エラー「ステップを中止: 回数が多すぎます!」の解決策

  15. 筆者は「ステップを中止:回数が多すぎます!」のエラーが出ましたが、BackWPupの設定で
    ジョブの最大再試行回数と最大スクリプト実行時間 を変更したところ解決しました。
    wordpress-backwpupプラグイン上新規ジョブ設定-job-settings







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です