過去に行った都内でイチオシのペルー料理店

皆さんはペルー料理を食べたことはあるでしょうか?あまりなじみがないとは思いますが、筆者は何度か行く機会があったため紹介したいと思います。

HUANCHACO ワンチャコ ペルー南米酒場

JR大久保駅を降り、徒歩で5,6分ほど路地を歩くとあるお店ですが、路地から少し入った場所に店があり分かりづらいので注意が必要です。

以下のメニューを注文しました。

アンティクーチョ

牛のハツを串焼きにしたものです。

アンティクーチョ(Anticucho)とは、南アメリカ大陸の特にアンデス地域各国でよく食されている、串焼き料理の1つである。インカ帝国の血を受け継ぐ国々で広く人気のある料理となっている。ペルー、ボリビア、チリなどでは屋台や出店(anticucherias)などで売られている。Wikipediaより引用

アンティクーチョ(Anticuchos)
アンティクーチョ(Anticuchos)

アヒ・デ・ガジーナ

ají(アヒ)は唐辛子、gallina(ガジーナ)は雌鶏という意味で、鶏肉をペルー特産の黄色い唐辛子とクリームで煮込んだ料理。
NAVERまとめより引用

アヒデガジーナ(Aji de gallina)
アヒデガジーナ(Aji de gallina)

ロモ・サルタード

ロモ・サルタード(西: Lomo Saltado)は、ペルーの伝統的な料理の一つで、牛肉と野菜の炒め物である。中華風の調理法、アジア系調味料を使うことで知られる。Wikipediaより引用

ロモ・サルタード(Lomo Saltado)
ロモ・サルタード(Lomo Saltado)

アロス・コン・マリスコ

アロス(Arroz)はスペイン語でご飯、コン(Con)は英語のWithに当たる意味で、マリスコ(Marisco)は魚介を意味するので、魚介の炊き込みご飯のような感じの料理です。

アロス・コン・マリスコ(Arroz con marisco)
アロス・コン・マリスコ(Arroz con marisco)

ハレア

エビやイカ、白身魚をフライにしたものに、スライスした紫たまねぎに砕いたガーリック、胡椒、塩、レモン汁とオリーブオイルなどを混ぜ、フライの上にかけて食べる料理です。

ハレア(Jalea)
ハレア(Jalea)

セビーチェ(Cebiche)

セビチェ(ceviche, cebiche, sevicheなど:スペイン語発音: [θeˈβitʃe], [seˈβitʃe])とは、ラテンアメリカで食べられる魚介類のマリネである。ペルーやメキシコなどの名物料理。Wikipediaより引用

セビーチェ(Cebiche)
セビーチェ(Cebiche)

セビチェ

レチェ・アサーダ(Leche asada)

牛乳と卵焼きプリンです。

レチェ・アサダ(Leche asada)
レチェ・アサダ(Leche asada)

ミラフローレス 渋谷桜ヶ丘店

JR渋谷駅を降り、こちらも徒歩5,6分ほど歩くと行くことができますが、坂道がやや多いです。

こちらの店では以下のメニューを注文しました。

ローストチキン、ポテトとサラダのセット&アロス・コン・ポヨ
写真上:ローストチキン、ポテトとサラダのセット、写真下:アロス・コン・ポヨ
前菜のサラダたち。
前菜のサラダたち。ボリューム多めです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です