【家庭菜園】モヒートにもよく使われるミント・イエルバブエナの増やし方について

イエルバ・ブエナ(Hierba Buena) ガーデニング・植栽・家庭菜園

家庭菜園の日記にも掲載していますが、自宅で育てているイエルバブエナの苗を育てていて、とても良い香りをいつも放っているので、もっと育てようと思い苗を増やしてみました。
実際に試して成功した方法なので、参考にしていただければ幸いです。

イエルバブエナとは?

イエルバブエナ(Hierba Buena)はスペイン語で、直訳すると「いい草」という意味のハーブです。別名西洋ハッカとも呼ばれるキューバ原産のミントの一種で、キューバではカクテルのモヒートとして使われるシソ科の多年草です。日本では梅雨あたりから夏にかけて花が咲きます。

イエルバブエナはどうやって育てる?

基本的に、暑さにも寒さにも強いので手がかからない植物です。冬は葉が枯れる場合もありますが、日本ではほとんどの場所で冬を越すことができます。繁殖力がとても強いので、日当たりのあまりよくないところでも割と元気に育ちます。

イエルバブエナを増やす方法

イエルバブエナは繁殖力がとても強いので、茎を10㎝程度切り取って水に浸けておくだけでもだいたい発根します。実際には以下の手順で増やしました。

  1. まず、四角型のペットボトルを用意し、1つの面をカッター等で切り取ります。
    ※丸型(円筒型)のペットボトルだと転がってしまうので角型のペットボトルにします
  2. 切り取った面を上にし、赤玉土を6分目ほどペットボトルの中に入れ、切り取ったイエルバブエナの枝を挿します。
    イエルバブエナの水挿し

    イエルバブエナの水挿し

  3. 土と同じ高さまで水を入れます。
  4. 直射日光の当たらない場所に置きます。
  5. 1日1回、水を入れ替えます。ペットボトルのキャップを外し、10秒程度水を流すと、古い水も入れ替わります。
  6. 環境にもよりますが、だいたい1週間ほどで発根してきます。

実際に増やしてみて、とても繁殖力が強いミントだということがわかりました。横浜の自宅では4日ほどで発根が始まりました。成長したらモヒートなどに利用してみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました